2021年箱根駅伝

Pocket

冬の風物詩

 

残暑残るさなか

まだ4ヶ月ある、なのか

もう4ヶ月しかない、なのか (-o-)

 

出雲は10月11日に

開催予定だったが中止

場所は島根県

都道府県別感染者数の下位なのにね

 

受け入れ側が感染拡大のために

拒否をしたのかと思いきや

ボランティアの年齢がネックだったらしい

 

陸連が提示した競技ガイドラインに

65歳以上の競技役員を避けることと

ボランティアの市民に配慮するように

とあったとかなんとか (’・c_・` ;)

 

全日本は11月1日に

開催予定

場所は愛知県→三重県

三重はともかく、愛知はかなり上位

 

競技ガイドラインは

出雲と同じだと思うが

なぜか開催できるらしい (゚Д゚)ハァ?

 

問題はインフルが流行り始める

1月の箱根だろうな

今のところ開催予定

 

場所は東京都⇔神奈川県

都道府県別感染者数の1位と3位

 

予選会は無観客だが

本戦はそうはいかない ヾ(0д0∥)ノ

 

箱根駅伝の予選会は例年通り10月だが

コースを変更したうえ

無観客で実施予定

 

去年までは公園+陸自駐屯地だったが

今年は駐屯地のみ

 

であれば無観客は可能だな

確か、あの駐屯地は通常

一般向けに解放されてない (´ー`*)

 

本戦は一般道

東京マラソンの数万人

とまではいかなくても

そこそこの人数が観戦するはず

 

選手は21人だから

ある程度安全だけど

ほんとにやるのか

 

全日本を参考に

と言ってもね (((¬_¬;)

 

よほど大会後2週間くらいして

沿道の自治体で

顕著に感染者数が増加すれば

因果関係が疑われるが

 

仮にそんなことが起こっても

立証されなければ箱根中止には

ならないと思う

 

チーム内で集団感染しちゃって

棄権に追い込まれる大学は

出るかもだけど (*´Д`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください