2kgも違えば、そりゃ無理だ

Pocket

1500m出場時の体重

以前前振りしたが

思ったより衝撃なデータだった ( ̄□ ̄;)

 

過去3年の

1500当日の

気温、体重、タイム

をまとめてみたのが↓ (。・ω・。)ノ

 

年月 気温 体重 タイム
2017.9 27 59.3 5分40秒
2018.9 26 58.0 5分36秒
2018.11 18 57.8 5分16秒
2019.4 17 58.6 5分23秒
2019.7 31 56.8 5分12秒
2019.8 30 56.6 5分10秒
2019.9 22 56.8 5分08秒
2020.8 32 58.9 5分36秒

 

※2019年以降の気温はGARMIN計測
 2018年の気温は気象庁HPより検索

※体重はいずれも出発直前の計測値

 

気温とタイムに相関性はない

体重とタイムに相関性ありすぎ

という結論 (# ゚ Д ゚ )

 

  当日までの練習や睡眠

  加齢による体力低下

  土曜か日曜か

  朝一か昼間か夕方か

  そもそも気温が30度あるかないか

などをずっと気にしていたが、至極単純に

  速く走りたければ軽くしろ

ということか ( ゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

 

いやぁ、参ったな

確かに今までレース前

体重は少なからず意識はしていたが

 

去年の今頃、56kg台まで

落としていたとは (*´Д`*)

 

それに引き換え

前回のレース

気温が高めだったとはいえ

2kg以上も重いとはね

そりゃ5分半も切れないはずだ (-_-;)

 

長年の低迷期を脱し

去年自己ベストを連発したのは

階段昇降による走力アップかと

思っていたが

それもあるだろうが

それだけではダメということか (;´Д`σ)σ

 

これで納得

走った後

というより走りながらすでに

原因は体重にあり

と仮説を立てていたが

これで立証されたな (((¬_¬;)

 

数字を突きつけられると

説得力が違う

 

原因がはっきりすれば

あとはやることやるだけ (o・ω・o)ゝ

 

階段昇降などの調整は今まで通りで

要は体重を落とせばいい

 

ただ、無理に落とすとストレスためるし

反動もあるから

長い期間でゆっくりと

歩きや走りながら

落とすしかないな ε=( ̄。 ̄;)フゥ;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください