通勤の目的

Pocket

いい目覚め (*`▽´*)

 

十分な時間寝たというわけではなく

むしろ短め

それでも

ハーフの翌日の解放感と

全身に残っている心地よいハリ

 

トレイルハーフほどではないが

気温は低めだったこともあり

体は多少硬直気味だった

 

まさか2度目の93分台が

出るとはね (*^Д^)σ

 

いくら平地とはいえ

アドレナリンを上げにくい

自宅スタートの単独走

 

会場に向かうまでに気持ちを高め

スタート前の独特の雰囲気を感じ

同じペースのランナーと切磋琢磨

 

参加費用の見返りの中には

こういった無形の恩恵もある

 

今日にしたってコースの一部は

いつもの練習と同じ ε=(´・_・*)

 

しかも年末に全く同じコースを走り

いいタイムで走ってしまったことで

やりにくさはあった

 

あの時も高稼働で

毎日日付が変わってからの帰宅

 

しかも都内から帰ってたから

今より通勤時間は長かった

 

そんな状況で出したタイムより

遅かったらどうしたもんか

と思ってはいたが (⌒ー⌒ )。。oO

 

今回は今回で

休日出勤こそないものの

平日は高稼働

 

通勤時間は短いものの

22時という暗黙の定時をも振り切る

 

それに加え

下腹部痛と外出禁止という

年末にはなかった負の要因も (⋟﹏⋞);

 

体重が落ち切らなかったこともあり

 年末 55.9kg

 今回 57.4kg

スピードが今一つだったが

30代のころは

いい季節でも97分前後

 

ちょっと暖かかったりすると

100分も切れないことも (-_-;)

 

あのころと違うことと言えば

 練習距離・回数

 体重が2~3kg

 

あと意外と効果的なのが

階段昇降

 

1階から7階を

駆け足の一段抜かしで3往復 (;´ρ`)

 

平日欠かさず実施するために

通勤しているといっても

過言ではない ε=( ̄。 ̄;)フゥ;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください