そういえば麗澤と駿河台は

Pocket

箱根駅伝予選会

気になる大学が2校あった (´ー`*)

 

1つは麗澤大学

もう1つは駿河台大学

 

別に母校でもなんでもない

縁もゆかりもない (・_・ 三・_・)イイエ 

 

麗澤は2年連続で次点だった

駿河台は監督がちょっと有名 (*`▽´*)

 

過去2年の予選会を振り返ってみると

 

<2018年>

11位 上武大学 10時間46分51秒

12位 麗澤大学 10時間48分41秒

 

特別大会だったから

11位までが本選出場だった

12位の麗澤は1分50秒差で

悲願の初出場ならず (-_-;)

 

<2019年>

10位 中央大学 10時間56分46秒

11位 麗澤大学 10時間57分12秒

12位 駿河台大学 10時間58分44秒

 

去年は、本選出場は10位まで

麗澤はまたしても次点で

差はわずか26秒 (;´Д`σ)σ

 

駿河台大学の監督は

知る人ぞ知る徳本一善氏

 

法政出身で茶髪にサングラスの

ビジュアル系ランナー (*^Д^)σ

 

20年位前の箱根で

  2年1区で区間賞

  3年2区で2位

という実績を残すも

  4年2区で途中棄権

 

スタートから30kmくらいしかたっていなく

今も残る箱根駅伝史上

最短記録らしい (# ゚ Д ゚ )

 

そんなひとが2012年から

駿河台大学の監督になり

部員3人からの挑戦 ε=(。・`ω´・。)!!

 

ということでちょっと話題になった

  2017年23位

  2018年18位

  2019年12位

と着実に順位を上げ

今年は悲願の初出場か (●´∀`)ノ

と思っていた

 

↓↓↓結果↓↓↓

  10位 専修        10時間33分59秒

  11位 筑波        10時間34分17秒

  12位 中央学院   10時間34分36秒

  13位 麗澤           10時間36分07秒

  14位 上武          10時間36分44秒

  15位 駿河台       10時間38分05秒

麗澤は2分差

駿河台は4分差

 

まあ、世の中そんなに~ 

ってことか (((¬_¬;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください