織田5000M結果分析

Pocket

これの続き

 

スタート直後

まさかの先頭 ヾ(0д0∥)ノ

 

やっちまった

というか、やられた

みんな牽制かよ (((¬_¬;)

 

どちらかというと

設楽選手タイプだけど

前に誰かいたほうが走りやすいのは確か

 

最速のペースメーカーが20分ジャスト言うことで

嫌な予感はしていたが、もう1組後でもよかったか (○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

 

今さらどうこう言ってもしゃあない

マイペースで行くか

そのうち抜かれるだろ ~((((~´∀`)

 

 200m  0’39  
 600m  1’29  2’09
 1000m  1’35  3’44

 

1kmの入りは予定通り

自己ベストの駒沢の時(3分41秒)より遅いが

3分45秒ならまずまず

 

ただちょっと重いか

後ろからのプレッシャーにどこまで耐えられるか (;´ρ`)

 1400m  1’35  5’20
 1800m  1’37  6’57
 2200m  1’39  8’37

2200は駒沢より12秒も遅い

この間のラップタイムも2~3秒遅い

 

20℃以上あった駒沢よりはるかに気温は低く

それでいて10℃ぐらいで日差しがあるので

ある意味絶好のトラック日和

 

なぜ、スピードが出ない ヽ(*・ω・*)ノ・・・ ???

 2600m  1’39  10’16
 3000m  1’38  11’54

 

3000Mになるとさらに広がり

その差は16秒

ただ、先週の多摩川ロードの3km通過時間よりは6秒速い

 

駒沢の時は、終盤バテてたし

先週より速いのであれば

まだ19分台は行けるか

 

とブツブツ言っていると

後ろから急に足音が激しくなり

あっという間に数人に抜かれた (o_o)

 

ま、いいけどね

これで走りやすくなる

 

順位は全く関係ないし

いつものことながら、敵は自分 ( ̄^ ̄)

 3400m  1’37  13’31
 3800m  1’38  15’10

 

ラップタイムが1分39秒で下げ止まったのはよかった

1分40秒に突入してしまうと

走る気がなえる

 

3800Mの駒沢との差は14秒

多少縮めた

やっぱり追う相手がいるといいね

 

とはいえ、その数がどんどん増え

もう10人くらい

 

残り3周で、5分(300秒)かかってはダメ

20分切るには1周当たり3秒縮めなければいけないということは

97秒=1分37秒か

という計算をしつつ、ギアを上げる ヽ(*゚O゚)ノ 

 4200m  1’34  16’44
 4600m  1’33  18’18

4000Mを超えて、思った以上に上げられ、

残り1周で19分台は確実 ( ̄へ ̄)

 

あとはどこまで駒沢に近づけるか

駒沢5000M距離・タイム・気温 ※実際は19分51秒61

 

 5000m  1’34  19’52

 

距離・タイム・気温

記録証

 

(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

惜しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください