5000M結果分析

Pocket

この大会

  東京スポーツ祭典

はRUNNETからでも申し込みできるので

先週の多摩市記録会ほど

レベルは高くない

 

ただ、制限時間がある

  一般男子 22分

  壮年・女子 25分

 

これを超えるようなタイムだと

  途中で止められる ( ; ´ ρ ` )

と一応大会要項に記載はあるが、

審判の裁量によるらしい

 

さあ、スタート (`0´)

予想通り、真ん中辺

無理のないペースでついていける相手を探す

 200m  0’44  
 600m  1’27  2’11
 1000m  1’30  3’41

速いな

自己1位2位の20分20秒の時は、

1000M通過タイムがいずれも

  2011年 日野市民体育大会 3’49

  2013年 東京スポーツ祭典 3’49

つまり8秒も違う

 

そんなに飛ばしてたっけな

最初からめいっぱいというより

どちらかというと楽に走ってた気がする

顔も涼しげに (´ー`*)

 1400m  1’32  5’14
 1800m  1’34  6’48
 2200m  1’36  8’25

2000Mの通過タイムが

恐らく7分半ぐらい

1km~2kmのラップも

4分を切ってたっぽい

 

あと考えるとすでに楽勝ペースなんだが

走ってるときは、結構つらかった

1500Mだったらもう終わってるのにな

と恨み節 \(*`∧´)/

 2600m  1’37  10’02
 3000m  1’36  11’38

3000M通過タイムが

藤沢市選手権3000Mのタイムより速い

それも13秒も (・―・)

 

5000M自己記録と比べても

  2011年 日野市民体育大会 12’12

  2013年 東京スポーツ祭典 12’10

と、もう30秒も違う

 

当時は、中間走は100秒を切るか切らないか

だったが、この日は1周につき3~4秒は速い

階段昇降の成果だろうが

ここまで速くなるとはね (-o-)

 3400m  1’37  13’16
 3800m  1’39  14’56

ラスト3周で19分台まで5分

1周あたり100秒だから

そう考えると油断できなかったな

 4200m  1’39  16’35
 4600m  1’39  18’14

ラスト1周になって、ようやく確信

1分45秒でいいとわかれば一安心

 5000m  1’37  19’51

そんなに飛ばすこともなかったが

早くゴールしたくてつい

 

結局、自己記録を30秒近く縮めて

人生初の19分台 ☆(゚∇゚ノノ”☆

 

1500Mは中学自己記録更新が残っているが、

5000Mは社会人デビューなので、

これ以上はない

  タイムと気温

19分台は最初で最後になるかもしれないが、

〇〇スポーツ祭典は

東京だろうが神奈川だろうが

どこも記録証ないんだよな (○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

 

次走る時まで、維持しておかないと

記録証のために

“5000M結果分析” への2件の返信

    1. masaさん

      コメントありがとうございます。
      日を追うごとに19分台の実感が出てきて、違う境地に入ったようです。
      やっぱり19と20では全然ちがいますね。
      1500Mでいくら自己記録を更新してもここまで満たされなかったです。
      4分台を出せばまた別の世界が見えるのでしょうが。

      今後も読み続けてもらえるような記事を書いていきますので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください