1500M走結果分析(のはずが)

Pocket

飛田給は今、ラグビー一色

9/20から始まるラグビーワールドカップ

その開幕戦、日本 vs ロシアが

ここ飛田給を最寄り駅とする

味の素スタジアムで行われる

 

日頃は、お世辞にもにぎわってるとは言えない  (-_-;)

各駅停車しか止まらない駅だが、

サッカーJ1のFC東京の試合の時は

特急・準特急が臨時停車する

恐らくラグビーの時も

 

ただ、残念ながら、今日は止まらず

自分の中では一大イベントなんだけどな (((¬_¬;)

 

リスタートタイムトライアルの大会は

トラック競技の割にはハードルが低い

他の、〇〇記録会や××選手権のような

陸協や陸連が主管・主催している大会と比較すると、の話

 

■申し込み方法

  藤沢市選手権(例) ⇒ 現金書留で申込用紙と参加費を郵送

  リスタート ⇒ ネットで申込、支払はコンビニやクレジット

最低1回は郵便局に行かないといけない

たいていの局は、平日の昼間しか開いていない

 

■受付からスタートまでの流れ

  藤沢市選手権(例) ⇒ 受付→指定時間内にコール場所で腰ゼッケンをもらう→スタート15分くらい前にスタート位置で最終コール(その時にいないといくら受付していても失格もありうる)

  リスタート ⇒ 受付のみ

慣れれば大したことはないが、慣れていないと結構焦る

 

■ゼッケン・チップ

  藤沢市選手権(例) ⇒ ゼッケンは胸と背中と腰に計3枚

  リスタート ⇒ ゼッケン1枚、靴にチップ

腰ゼッケンが意外とつけずらい

たまに肩がつる

位置が悪いと付け直させられることもある

ただ、チップを使わないからと言って手動計測というわけではない

またまた話がそれてしまったので、

続きは、また明日 (_ _|||)

早くスタートしろよ! ヽ(*゚O゚)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください