例年より広い門だったはずだけど

Pocket

ここ最近は

2万数千人に対して

30万人以上の応募

 

2013年に初めて10倍を超えて以降

去年までは11~12倍の倍率 (-o-)

 

今年は例年の2~3月から

10月に変更した東京マラソン

 

定員はあまり変わらず

24700人 ヽ(*・ω・*)ノ・・・ ???

 

秋になって落ち着いていると

思っているのか

 

てっきり数千人に

削減されたと思ってた

 

だから落選したのかと (・ε・`*)

 

さすがに応募者は

多少減ってるはず

 

倍率は公表されていないが

10倍を切ったかも

 

それでもダメなんて

つくづく縁がないな (;´Д`σ)σ

 

2007年の第1回から

申しこみしなかった2度を除き

13戦全敗

 

確率的には

一度は走ってるはずなんだけどな

 

まあでも、さすがに

今年はいいけどね (((¬_¬;)

 

ランナー同士

しゃべることはないとはいえ

ちょっと気が引ける

 

おそらくスタート直前まで

マスク着用だろうけど

そもそも1時間以上も待つのは

つらい ε=( ̄。 ̄;)フゥ;

 

10月なら凍えることはないが

それでもスタート前の待機は

30分以内が望ましい

 

2年前の横浜マラソンは

どうだったっけな (⌒ー⌒ )。。oO

 

最初の位置から

少しずつ動かされてたから

それほど気にならなかった

 

2015年のフル変更になって以来

今年で6回目って言えばいいのか

 

2015年 落選

2016年 当選したがインフル棄権

2017年 落選→台風により中止

2018年 応募し忘れ?

2019年 当選

2020年 中止

 

2018年に申し込んでないのであれば

当選確率は5割 ( ̄へ ̄)

 

倍率は

2015年 一般枠 3.4倍

2016年 一般枠 3.1倍

2017年 一般枠 2.7倍

2019年 一般枠 2.3倍

なので、

まあ、当選5割は

妥当な結果

 

ちょっと運がいいね

といったレベル (-_-;)

 

意外と

人気ないんだな ヽ(*・ω・*)ノ・・・ ???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください