デビュー3年

Pocket

ようやく

いろいろなものに

慣れてきた (。・ω・。)ノ

 

出社前の階段昇降

自社があるビルより

幅広で上りやすい

 

ただ、きついことには

変わりはない ε=( ̄。 ̄;)フゥ;

 

たまに

気づいたらもう7階

ということがあるけど

 

そろそろかなと思って

まだ5階 ( ̄□ ̄;)

とわかると、疲れ倍増

 

これによって

何の見返りを得られるか

今一つ因果関係がわかってないが

 

賛否両論あるかもだが

やらないよりは

いいと思う (((¬_¬;)

 

実際のところ

これをやり始めたのが3年前

 

ハーフ以上の距離のタイムは

それほど変わっていないが

10km以下の自己記録が

        30代    40代

 1500m    5分12秒   5分  8秒

 5000m 20分20秒 19分45秒

 10km   42分08秒 41分20秒

飛躍的に伸びている ( ̄ー+ ̄)

 

のは

単なる偶然か

 

日ごろの練習は

 平日  6km弱 1km5分ペース

 週末 13km弱 1km6分ペース

 

いずれも5kg以上の

パワーベストを背負うとはいえ

スピードよりスタミナ強化 (´ー`*)

 

そこへ1日10分とは言え

スピード強化を週5回

 

この階段昇降

元々はトレイルの練習用だった

 

奇しくも3年前の今日

  第20回北丹沢12時間山岳耐久レース

 

2か月くらい前から

このトレイルデビュー戦に対して

戦略を練っていた (○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

 

県内の小高い丘に行って

集中的に上り下りを走っても

所詮、その日限り

 

継続的かつ持続的に

何かをしようと思ったとき

ふと思いついたのが

ビルの階段 (●´∀`)ノ

 

トレイルランに対しては

付け焼刃にしかならなく

 2018年 北丹沢 9時間ちょっと

 2019年 宮ケ瀬 サブ4

 2019年 道志  第二関門リタイヤ

と直接の効果は未知数

 

まあでも

伸び悩んでた10km以下で

記録が伸びてるのは

思わぬ副産物 (*`▽´*) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください