(続)【大会相当】柴又100km

Pocket

河川敷の風は

多摩川で慣れてたし 彡(-ω-;)彡

荒川のフルマラソンでも

幾度となく洗礼を浴びていた

 

とはいえ

なにか対策をしたわけではない

 

今回も、上流に向かっていた時は

あまり追い風を感じなかったが

 

折り返した瞬間に

足が止まりそうだった ヾ(0д0∥)ノ

 

向かい風になったときに改めて

  追い風だったんだ

と気づく

 

風は上流から下流に向かって

吹いていた

 

長い時間

一定方向に走り続けることは

得策ではない (・_・ 三・_・)イイエ

 

あと途中から

水飲み場がほとんどなかった

 

あとでわかったことだが

スタートから4kmは東京都葛飾区

そこから先は埼玉県三郷市 (´ー`*)

 

そういえば

急に未舗装になって

慌てて土手の上に上がったな

 

土手の上から

チラチラ水飲み場を探していたがなく

唯一あったのが12km地点

武蔵野線の三郷駅付近

 

そこは土手の上なので

わざわざ下りて上がってくる必要はない

 

どうやらそこを中心に

頻繁に折り返すのが

よさそう (*^Д^)σ

 

武蔵野線とつくばエクスプレスの間

約1.6kmを3往復

 

この程度の距離でも

向かい風に耐えながら走るのは

つらかった (;´Д`σ)σ

 

その間

36kmと42kmで

2回目と3回目の給水

 

先月の無給水フルマラソンの時は

気温18度

 

今日は曇っていたとは21度

42kmで3回くらいなら

妥当か (o・ω・o)ゝ

 

今回持参した補給食

これら×2

 

このうち

スタートからポケットに入れていたものは

ソーセージ1本と

こんにゃくゼリー2つ

 

とはいえ

あまり食べる気はなく

念のため (⌒ー⌒ )。。oO

 

朝しっかり食べたので

途中何も食べなくても

7~8時間は持つと思っていた

 

持ったまま走ると

走りにくいし遅くなる

 

空腹を感じると

急失速 ε=(´・_・*)

 

なかなか

バランスは難しい

 

念のため

66kmでのホテル戻りを

55kmくらいにしようかな

 

と思っていたところ

救世主現る ☆(゚∇゚ノノ”☆

 

54km地点でラン仲間が

レンタルサイクルで登場

 

さすが

いいタイミング (*^Д^)σ

 

同じ長距離ランナーなので

かゆい所にも手が届く

 

おかげで10km延命でき

67.5kmまで河川敷にいられた

 

河川敷からホテルまでは

GoogleMapによると1.2km

 

時計を止めたい気もするが

今回はすべて込みの計測

 

スタートして

100km走り終えるまで

の時間で勝負 (●´∀`)ノ

 

ホテル往復の時間や

ホテルでの休憩中も時間に含む

 

60kmで休憩するのと

70kmとではやっぱり違う

 

そもそも

フルマラソンと30km走では

気分的に倍くらい違う

 

それが100kmの残り距離となると

さらに倍くらいのつらさ (*´Д`*)

 

ただ、そのホテルでの休憩中

まさかのGARMINから悲鳴

  バッテリ残量低下

のメッセージが

 

忘れずに金曜に

フルチャージしたけどな (・ε・`*)

 

いつも週3回、計25kmくらい走っても

週1回チャージするかしないか

 

それがわずか数時間で

切れそうになるとは

 

結局88km過ぎで

完全消滅 (━━┳━━ __ ━━┳━━)

 

残り距離は

メモしておいた橋間の距離をもとに

頭の中で計算

 

ちょうどホテルに戻ったときに

100kmにしたかったから

河川敷は98.8km

 

距離より困ったのが時間

一体今何時なんだ (;´Д`σ)σ

 

いいペースなのか

遅れているのかもわからない

 

日没が18時50分くらい

と思っていたので

そこまでにこの橋を通過していれば

などと気にしながら走る

 

途中2度

知らない人に時間を聞き

 

2度目に聞いたのが

19時5分 ( ゚ Д ゚ )ハァ?

 

河川敷がそろそろ終わるところ

ホテルまでは1.5km

 

15分以内で戻れば

12時間半 ☆(゚∇゚ノノ”☆

 

暗闇の一般道を

最後の力を振り絞り ε=(。・`ω´・。)!!

 

ホテルに戻ったのが

 

 

間に合った ε=( ̄。 ̄;)フゥ;

 

あとは距離

100km超えたか (((¬_¬;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください