10マイル展望

Pocket

令和2年の第2戦まで

あと10日

 

湘南海岸沿いを走る

第10回湘南藤沢市民マラソン

今回で6年連続6回目の参加

 

手前味噌ですが、去年

  1時間12分40秒

で、大会自己記録更新 (-o-)

 

1km4分半で走ると

16km72分

10マイル=16.09kmなので

0.09km分の約24秒を足すと

1時間12分24秒でキロ4分半ペース

 

調子が良ければ10km42分くらいで走るので

それこそ1時間10分切りのサブテンが狙えそうなものだが、

例年の寒さと、スタート直後の混雑により

なかなか思うような走りとタイムは出ない (-_-;)

 

とはいえ、その辺の条件は毎年変わらないので、

素直に

  過去の自分を超える

ことが目標 \(*`∧´)/

 

今年はというと、内容どうあれ

初戦でいい結果を出したので

このままいい流れで行きたいところ

 

しかも地元なんだよな

いつもの練習では、

このコースの一部を走っている

もちろん歩道だけど

 

不甲斐ない走りをすると

向こう1年

練習しにくくなる ε=(´・_・*)

 

湘南の海岸沿いを走るということで、

都内(日野市)にいた頃から気にはなっていた

 

ただ、朝8時半スタートで

日帰りで片道2時間かけていくのはムリだ

と思って、あの頃は同日開催の

  新宿ハーフマラソン

に毎年出ていた

 

8年前に引っ越した時、

この場所を選んだ理由が3つあり

  湘南国際マラソン

  湘南ひらつかリレーマラソン

  湘南藤沢市民マラソン

に参加しやすくなる ( ̄^ ̄)

 

このうち、今でも続けて出ているのは

湘南藤沢市民マラソンのみ

 

湘南国際は12月のフルマラソンで

一応2013年から3年間は出た

 

ただ、先着順という不毛な戦いに嫌気がさして

最近は出てない (_ _|||)

 

参加費が12500円というのも理由の1つ

同じ1万以上出すなら

抽選型の横浜マラソンを選ぶ

 

湘南ひらつかリレーマラソン(6時間個人の部)

に出なくなったのも

参加費の高騰が理由

 

昔から高くてずっと据え置きならまだしも

急に値上げされると、反発したくなる ε=(。・`ω´・。)!!

 

以前調べたことがあるが、

6時間個人の部の場合、

2013年までは6000円だったのに、

翌年から7500円に上がった

 

今でも7500円のままだが、

急な値上げで参加者が激減したのが面白い

   種目   参加費 参加数  参加費 参加数
  24時間個人 15000   92 ⇒ 16000  82
  24時間リレー 7000  160 ⇒ 9000  108
  6時間個人  6000  255 ⇒ 7500  80
  6時間リレー 6000  155 ⇒ 6500  129 

  ※リレーは1人あたりの料金で参加数はチーム数

6時間個人だけが狙い撃ち

 

6時間個人と6時間リレーで比較しても、

リレーは(1人当たり)500円しか上がっていないのに

個人は1500円も上がっている

 

6時間個人と24時間個人で比較しても、

24時間個人は1000円しか上がっていない

そのせいか、6時間個人の参加数が3分の1以下に激減

やっぱりみんな同じように感じたんだね

 

しかも会場は誰でも走れるところなので

別に参加費払わなくても、日にちをずらして

タイムトライアルにすればいい ( ̄へ ̄)

 

参加費という意味では

この湘南藤沢市民マラソンも

距離の割には高めだが、

さすがに「湘南」と名の付く

3大会に全部出ないのもね (((¬_¬;)

 

というのと

2車線の国道を完全に封鎖して車道を走れる

ということには払う価値があるかな (*゚∀゚*)イイネ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください