5000M目標タイム

Pocket

9/29は東京スポーツ祭典

場所は例年通り、駒沢競技場

1500Mに出たり5000Mに出たりしているが、

今年は5000M

 

当初は1500Mだったが、

予想以上に記録の伸びがすさまじく、

もう1500Mはおなか一杯 (;´ρ`)

 

<東京スポーツ祭典 参加記録>

  2013年 国立競技場  5000M 20分20秒 ※自己記録

  2014年 夢の島競技場 1500M 5分16秒 ※去年までの壮年自己記録

  2015年 駒沢競技場  1500M 5分20秒

  2017年 駒沢競技場  5000M 21分17秒

 

自分でも意外だったが、

2012年まで都内にいたころは出ていなく、

逆に神奈川に引っ越してから出始めている

ということを今回調べてみて初めて知った

なんか昔から毎年のように出てた気がしたけどな (((¬_¬;)

 

1500Mと同様、

こっちも8年間自己記録を更新できていない

 

自己記録は、

  2011年10月 日野市民体育大会 20分20秒30

 

それに次ぐ記録で、壮年自己記録になっているのが

  2013年10月 東京スポーツ祭典 20分20秒76

わずか0秒46差で涙をのんだ (*´Д`*)

 

あの悔しさからもう6年

挑み続けて13回

 

<5000M 参加記録(最近5年)>

  2015年9月 市河麻由美ランラン記録会 22分12秒

  2016年7月 ナイタージョギングカーニバル 22分10秒

  2017年10月 東京スポーツ祭典 21分17秒

  2017年12月 リスタートタイムトライアル 20分58秒

  2018年4月 春季陸上 20分53秒

  2018年10月 多摩市記録会 20分48秒

 

ただ、一応22分台というどん底を味わって、

ここ3年間は回復傾向にある ( ̄^ ̄)

ようやく20分台が出るというレベルではあるが

 

1500Mが今年絶好調なので、

5000Mも期待が持てる (´ー`*)

1500Mは2011年の記録から

8年間止まったままだったが

今年ようやく更新

 

5000Mも2011年の記録から

8年間止まったままなので

今年何とか更新したい

 

あわよくば20分切り

今までは口にすることもおこがましかったが、

1500Mの復活ぶりを考えると

あながち不可能でもないか (●´∀`)ノ

参考記録ながら、

今年4月の寒川駅伝で、

5km換算で20分切ってる

 

ただ、GARMINの距離をどこまで信用していいのやら

  1500M→1.6km

であれば、

  5.0km←4.7km

ぐらいになってしまう

  GARMIN1500M

  GARMIN3000M

 

トラックのタイムは距離に疑念がないから

まずはGARMINで測って何キロで計測されるかも楽しみ (⌒ー⌒ )。。oO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください