【大会参加】第11回道志村トレイルレース

Pocket

 大会名  第11回道志村トレイルレース
 距離  44.3km
 日時  2019年5月12日
 場所  山梨県道志村
 スタート時間  7:00
 天候  晴れ 14℃
 タイム  7時間40分ぐらい(第二関門突破できず)
 完走率(ロングの部)  50.6%(完走者:270名/出走者:534名)

あぁ、スタートとゴールがつながっていない

 (━━┳━━ __ ━━┳━━) 

屈辱の第二関門リタイヤ

にもかかわらず、距離が34.55km

大会案内には32.1km

その差2.45km

この辺は、後日ネチネチと、じっくりと (((¬_¬;)

 

まあ、上の図を拡大しただけ

収容車に乗りましたけど、なにか(゚Д゚)?

 

3~32kmまで、ず――――――――っと、キロ10分切れてない

たしかに、その間山の中だったからね

下りがあっても、途中登りがあったりして、それだけ厳しいコースだったってことだね

この辺の詳しいところも、後日のレポで

 

前々から気にはなっていたけど、なぜ横軸が時間?

距離でなく

しかも等間隔じゃない

これだと勾配がわからないんだよね

 

参考までに

ほかのトレイルと比較するといいかも(→自分)

 

赤点が多いな ( ̄へ ̄)

最初のほうは、トレイル渋滞か

中盤は、股関節がつったり、靴に小石が入ったり

なにせまともな道路を走ったのが、最初の2.8kmと30kmすぎ

ロードで稼ぐ前に終わっちゃったからね

 

 

まさかのリタイヤ (_ _|||)

第二関門を10分オーバーで通過できず

戦前は、完走するかしないかというより、

何時までに帰ってきて、帰りの手段をどうしよう

ということしか頭になかった

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

別に、なめてたわけではなく、

完走率6割(2018年)なら大丈夫だと思っていた

直近の宮ケ瀬でも、上位2割に入っていたし

ただ、分母の層が全然違ったみたいね

宮ケ瀬はトレイル率低いし(約4割)

道志トレイルを一言でいうと

  ゲジゲジ🐛にやられた

でしょうね

経験者はうなづけると思う

ただ、それも参戦記を読みあさっていたので、

心の準備はしていたし、

覚悟もしていた

つもり

道志の高低図を初めて見ると、

  出だしに一山(ブドウ岩の頭)

  最高峰が前半にある(御正体山)
  ※キタタンは後半の姫次が最高峰

  第二関門以降にラスボス(鳥ノ胸山)  

という3匹のボスキャラを見つけるだろう

実際、自分もそうで、まさかあんなところに

  隠れキャラ🐛がいるとは

ねえ (。´・_・`。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください