キタタン2019

Pocket

参加された方、お疲れ様でした (_ _)

いろいろ、大変だったようで。。

キタタンから10日

年間の最大イベントにもかかわらず、

天候と自己都合により不参加

納得したつもりでもどこかもやもやしていて

気にはなっていたが

避けていた

ようやく

そういえば、どうだったのかな (((¬_¬;)

7/7当日は、小雨が降っていたものの

それほど気になるほどでもない

むしろ暑さが和らいで絶好のマラソン日和

ロードレースであればね

キタタンはトレイル率7割

いくら登山者で踏み固められているとはいえ、

果たしてまともに登り下りできたのだろうか

そろりそろり (~  ̄ー ̄)~

いろいろレポを拝見させていただくと、

大きく分けて3つ

1.コース短縮

雨により、コースの一部が土砂崩れ

そのため、神の川ヒュッテから折り返し

ラスボスの姫次は、回避

かすりもせず ( ̄□ ̄;)

“登山”と言えるところは、

立石建設~鐘撞山~県境尾根分岐の

  距離2.8km

  標高差800M

の1か所のみ

序盤と終盤に小山越えがあるものの、

  神の川ヒュッテ~日蔭沢源頭

  神の川園地~風巻ノ頭~姫次

は外されたよう

 

2.登山道はドロドロ

12km地点の立石建設までは、

小山越えを除くとちゃんと舗装された道路なので、

走りやすかったと思う

今年に限っては、立石建設から同じ道を戻るので、

ロード率が非常に高かったと言える

問題は、立石建設~県境尾根分岐の登りと

県境尾根分岐~神の川ヒュッテまでの下り

距離にすると大したことはないが、

登りはまともな状態でも1km20分や30分かかるので、

まともでなかった今年はそれ以上かかったのだろう

少しでも状態のいい道を選んで、

登山道以外を走ったらしいので、

  随分荒らしてしまった、

  山を傷つけてしまった

という後悔のレポも散見 (⌒ー⌒ )

ただ、

  大人の泥んこ遊びを堪能

という言葉に ヽ(*゚O゚)ノ している人もいるが 

主催者が強引に開催するというのであれば、

勇気をもって全員ボイコットという選択肢も

あったのではないか ( ̄^ ̄)

 

3.後発スタートがコースアウト

いまいち信じがたいことだが、

実際に起きたらしい ヽ(*゚O゚)ノ

スタート直後にコースを誤って

余計な距離を走って、また戻ってきたとか

キタタンのスタートは2つに分かれる

前回大会完走者とフルマラソンが早い人は6時半

それ以外の、主に初出場の人は7時

その7時スタートの後発グループが、

スタート直後、曲がらなければいけないところをまっすぐ行き、

途中でおかしいと気付いたのか、元のコースに戻ってきた

誘導係はいたが、何の声掛けもなかったらしい (;-_-)))

誘導係もねえ、

コース全体を把握しろとは言わないから、

せめて自分の立ってるところで、

ランナーがどっちに行くかぐらい知っておくべきだろうな

立ってるだけなら子供でもできるわけで、

もう少しプロ意識をもってもらいたい ( ̄へ ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください