都筑10K結果分析

Pocket

 

 1K  3:49   
 2K  4:15   8:05
 3K  4:14   12:20
 4K  4:12   16:32
 5K  4:19  20:51
 6K  4:15  25:07
 7K  4:24  29:32
 8K  4:32  34:05
 9K  4:31  38:36
 10K  2:43  41:19

分析するまでもなく、見ての通り

完全に失敗レース

最初1kmを除いて一度も4分10秒を切っていない

前半下りだったにもかかわらず

赤レンガでは3kmまでは切っていたのにな

距離が10kmちょうどだったら43分切ったか切らなかったか

それが360Mも距離が短かったことが幸いして、まさかの自己記録更新

予報では午前中は大丈夫だったのにね

それがまさかの家を出るときから雨

小雨ではあるが1日やみそうにない

前の日から雨予報なら行かなかったけど、それなりの準備をして、ちゃんと朝起きて、行く気満々だったから、すでに<行かない>という選択肢はなかった

高々40分だしね

これがハーフ以上ならやめたかもしれない

あと、来週また大会であれば行かなかったかも

次は珍しく3週間も後なんだよね

ということで最寄駅のセンター南まで1時間かけて、何百円か払って行ったさ

カミさんに数奇の目で見られながら

ま、でも今年ほど東京マラソンに落選してよかったと思った年はない

雨は降ってるし、気温は5度だし

大迫選手が棄権するぐらいだしね

スポンサーリンク

センター南から歩くこと20分ぐらい

懐かしい

以前このあたりの現場に通ってた

1年半、毎日朝夕15分ずつ歩いてたな

それがあって現場が変わった今でもあえて歩くようにしてる

タイムが出なかったあの頃でさえ歩いていたんだから、ってね

コースはどうやら公園内と遊歩道らしい

ロードレースではない

ひざには優しいかもしれないが

雨天時には少々走りにくい

スタート付近に雨をしのげるところはない

荷物預かりもないので、レジャーシートでくるんで置いておくしかない

雨降ってるし寒いし、ぎりぎりにスタートラインに行けばいいかと思いきや、15分も前から並べと

高々数百人のマイナー大会だし、スタート地点がかけ離れているわけでもない

そんな律義に運営しなくても。。。

かといって出遅れるのは嫌なので素直に従うことに

つくづく東京マラソンじゃなくてよかった

向こうは15分じゃ済まないだろうし

恐らく号砲まで30分、号砲からスタートまで30分の計1時間だろうな

 

スタートする前から完全に目標を43分に設定

自己記録は41分台だけど、今日のこのコンディションじゃまず無理

コースは大まかに前半下り後半上りの往復コース

どっかの大会と違って、折り返しは1回だけだし、直角コーナーもない

ただ、道は狭め

水たまりを避けようとしたり、滑りやすくなっている所を気をつけて走ると、下りとはいえスピードは落ちる

4km地点で16分半

悪くないペースだが、下りだしね

同じコースを戻るので、当然帰りは上り

でも、ゴール予想タイムをあれこれ考えるより、とりあえず目先の一歩にこだわる

集中していたせいか、思ったより折り返しの早渕公園が近かった

時計を見ると

  19分46秒

これはまさか!?

  距離が短いのでは?

公園内を一周するとはいえ、この付近が中間点であることは間違いない

先頭集団ともすれ違ったし

ラッキー

こりゃ、うまくいけば40分切れるか?

さすがに帰りは上りだし、明らかに疲労感満載だったので、8キロ過ぎてからは4分半も切れず

それでも最後の広場一周はなかなか爽快だった

もう自己新は目前

距離が短いという後ろめたさはあったものの、主催者が10kmといえば仕方がない

長い分にはいくらでも文句を言うが、短いのはありがたく頂戴する

あえて距離を短くしていいタイムを出させ、それを売りにランナー集めをしているのではと勘繰りたくなるな

360Mも短ければ1分半から2分ぐらいは速くなるからね

ま、おかげというか、この大会のせいで、二度と自己記録は望めそうにないな

この大会に出続けない限り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください