第20回北丹沢12時間山岳耐久レース(以下、キタタン)参戦記 ~大会レポPart5~

Pocket

第20回北丹沢12時間山岳耐久レース(以下、キタタン) 参戦記 ~レポPart5~

★姫次からゴールまで(35.24km~44.24km)

<div style=”border: 5px solid #3cb371; padding: 10px; background: #00ff7f;”>
<p>  <a href=”#repo_part5_section1″>1.やはり今年もコーラなし</a></p>
<p>  <a href=”#repo_part5_section2″>2.姫次を過ぎても上りあり</a></p>
<p>  <a href=”#repo_part5_section3″>3.スタッフさんに感謝</a></p>
<p>  <a href=”#repo_part5_section4″>4.ちょっとしたホラー</a></p>
<p>  <a href=”#repo_part5_section5″>5.ショートカットしたくない</a></p>
</div>

<h3>■<a id=”repo_part5_section1″></a>1.やはり今年もコーラなし</h3>

昔は姫次でコーラが振る舞われたらしい

それを期待してか、袖平山から姫次までは「コーラ!コーラ!」の大合唱だったとか

ところがある年から急になくなった

なくなった年では、期待を裏切られたランナーがふて寝をする事態にまで陥ったようだ

まあね、炭酸、飲みたいよね

気持ちはわかる

だから背負っていたよ、自分は

飲まなかったけど

何度も言いますが、このキタタン、

  距離はフルマラソン以上

  高さはスカイツリー3つ分

  制限時間12時間

という過酷なレースにもかかわらず、公式給水所はわずか5か所

しかもそのうち2か所は行きと帰りの平丸(1.2km地点と42.9km地点)なので、実質3か所

ここ姫次にも給水所はあるが、あくまで山岳ボランティア(おそらく神奈川大学山岳部)の善意で成り立っている。

これも想像でしかないが、姫次で提供される水は、彼らが背負って登ってくるはず

1人分200mlとして、1000人分で200リットル

10人が手分けしたとしても1人20kg

亀仙人じゃないんだから。。

それも他人にくれてやる分なので、自分の分も含めるとそれ以上だろう

どこから登るかも定かでないが、大変な思いをして登ってきて、全員が姫次を後にするまで何時間も居続ける

そんなありがたい水なので、1滴たりとも無駄にはできず、まして

  コーラがない フンッ(。-`へ´-。)

と言ってふて腐れるのはとんだお門違いである

<h3>■<a id=”repo_part5_section2″></a>2.姫次を過ぎても上りあり</h3>

姫次では11分ものんびりしてしまった

まあ、いまさら焦ってもね

どうせ完走は確実だし

ここまで頑張ってきたからせめて姫次でぐらい

姫次をあとにしたのは15時ちょっと前

スタートから7時間54分が経過

ゴールまでは残り9キロちょうど

下りだし、もしかしたら9時間・・

とも思わなくはない

と思っていたらいきなり上り

(・´з`・)ぷぅー

もう上りはないって言ったのに

「登り」ではなく「上り」だけど、もう足残ってないよ。。

とりあえず平丸分岐まで4km

30分ぐらいかな

この道は地図で見るとほぼまっすぐだし、山道ではなくもっと開けてて、両サイド景色がいい馬の背のようなところをず
っと走るようなイメージを持ってた。

全然違ったね

確かに道は広い

これまでのような「おひとりさま用」ってわけでなく、割と広い

十分に追い抜き可能

でも暗い

陽は入らない

上っていたけどすぐ下りになって

意外といける

これまで
35キロ、8時間ぐらいたってるのに

こんなに足が動くとは

この道は地図上、いくつかわかりやすそうな目印があったから、あらかじめ距離と標高を調べておいた。

  姫次 35.2km 1433M

  八丁坂の頭 36.5km 1336M

  黍殻山避難小屋 37.5km 1210M

  大平分岐 38.0km 1197M

  平丸分岐 39.2km 1200M

あくまでも定点比較だが、前半がっと標高が下がって、後半平坦なのがわかる。

ただ、完全に下り一辺倒というわけではなく、所々上りはあった。

とはいっても、標高差というほどではなく、ちょっとペースが落ちる程度。

無理せず歩くほどでもないけど、

  姫次を過ぎたら上りはない

というのはウソ
 
  姫次を過ぎたら「登る」ほどの坂はない

であればうなずける。

ここまでの記録

場所 距離 目標 実績
平丸 1.2km ※1 12″00 13″40
分岐右折 2.26km 37″00 38″09
ロード開始 2.9km 46″00 48″15
神の川キャンプ場 8.34km 1’19″00 1’17″15
立石建設 11.19km 1’40″00 1’34″59
鐘撞山 12.59km 2’21″00 2’12″39
県境尾根分岐 15.09km 3’10″00 2’54″20
神の川ヒュッテ 18.59km 4’00″00 3’31″14
日陰沢源頭 20.89km 5’05″00 4’21″14
神の川園地 29.42km 5’59″00 5’31″33
風巻の頭 31.80km 7’15″00 6’28″11
袖平山 34.53km 8’25″00 7’34″15
姫次 35.24km 8’40″00 7’42″40
平丸分岐 39.24km 9’20″00 8’26″19

※1)実際は1.8kmぐらいだと思う

 

姫次から平丸分岐は下りベースの4kmだったが32分弱かかった。

上の表では44分かかったように見えるが、姫次滞在の12分が含まれている。

結構走れたつもりだったけど、やっぱりキロ8分ぐらいはかかるか。

<h3>■<a id=”repo_part5_section3″></a>3.スタッフさんに感謝</h3>

結局目印をいくつか見つけてはいたが、

わかりやすかったのは「八丁坂の頭」ぐらい。

「黍殻山避難小屋」もあるにはあったが、

右側に小屋が並んでるなあ、ぐらいなので、

ストップウォッチを止めて時間を測ろうというような場所ではなかった。

ま、参考程度だね。

そんな感じだったから平丸分岐でちゃんと曲がれるか不安だった。

ちょうど前方にだれも見えなかったから、もしかして通り過ぎた?

と思ったけど、さすがに左折ポイントにはスタッフがいてくれた。

感動するね

標高1200Mまで登ったわけでしょ

しかも何時間も立ったままで、ひたすら

  \_(・ω・`) コチラデス

って指南するだけ

給水所の人たちは多分車で移動できたと思う。

あ、公式のね

姫次は除く

神の川ヒュッテと神の川園地は、おそらく車両通行できる場所だから、

水を背負うどころか、歩くことも必要ないと思う

逆そういう場所を給水所にしたんだろうな

ただ、それ以外の、随所に立ってくれていたスタッフ

思い出せる範囲で言うと

  鐘撞山に2~3人

  県境尾根分岐に2人

  日蔭沢源頭に2人

  風巻の頭にはいなかったな

  袖平山にもいなかったと思う

  姫次はけっこういた

  平丸分岐に2人

この人たちは、

  誰よりも早くそこまで登って

  誰よりも遅くそこを後にする

はあ~

頭が下がりますわ <(_ _*)>

あの方たちがいたからこそ誰もコースを間違えることなく、

無事ゴールすることができたわけだ。

巷のロードレースのスタッフも大変だけど、

キタタンはスタッフにとっても挑戦的な場所だな。

<h3>■<a id=”repo_part5_section4″></a>4.ちょっとしたホラー</h3>

スポンサーリンク

さて、レースも終盤

平丸分岐からの怒涛の下り坂

  平丸分岐 39.24km 1200M

  平丸 42.89km 390M

3.65kmの間で、800M以上も下る

1キロあたり222M

下るというより落ちる感覚かな

モーグルのイメージ

やったことないけど

これだけの勾配、登るのも大変だけど、下るのも大変

登りと違って、下りは傾斜がきつければきついほど楽に走れるわけではないと思う。

トップ選手はそうでもないかもしれないが、

シロウトの場合、スピードを出しすぎて

  すべったり

  つまずいたり

  ころんだり

転倒ぐらいで済めばいいが、最悪の場合、滑落して

  (´_`。)ゲームオーバー

になりかねない。

となるとうかつにスピードも出せず

そもそもすでに

  峠を3つも超え

  スタートから40キロ以上

  8時間半が経過

しているのにまともに下れるわけがない。

ちなみに、第一関門までの下りと比較すると、

  区間 距離 高低差 1kmあたり 時間(予定) 時間(実績)
  県境尾根分岐~神の川ヒュッテ 3.5km -700M -200M 50分 37分
  平丸分岐~平丸 3.7km -810M -222M 75分

あれよりもきつい

距離は長く

高低差もある

しかもレース序盤と終盤で疲労度は段違い

ということで、戦前の予定では、

  県境尾根分岐~神の川ヒュッテ 50分

  平丸分岐~平丸 75分

だった。

まあ、単純に1.5倍ですね。

平丸分岐から左折すると、いきなり足が止まる。

1歩目から急な階段を降りる感じ。

あと、狭い

またしても「おひとりさま用」

姫次からずっとそれなりに広かったのにね。

もうこの辺になると、前後人はまばらで、

マイペースで気楽。

県境尾根分岐~神の川ヒュッテで、

50分予定のところ、37分でクリアしたので

この平丸分岐~平丸も1時間は切れるかと思っていた。

それでも長いな

距離表示ないから、いまどの辺かもわからん

せめてもの救いは、

  さすがに上りはないな

と感じる景色

いままで散々裏切られてきたけど、

もうさすがにあとは下るだけ

重力にまかせて、最後の力を振り絞る

この平丸分岐~平丸は、途中から序盤のコースとかぶっている

Part1でも紹介した<a href=”https://weekendrunner.site/2018/07/09/#repo_part1_section2″ target=”_blank”
rel=”noopener”>渋滞の縦隊</a>のところ

平丸まであと1kmのところに分岐があるはず。

そこまでいけば7割ぐらい下りたことになる。

とおもっていると、人がいる

年配の女性

スタッフだ

まあ、たしかに間違えてまた立石建設に向かっちゃうといけないしね

ん、まてよ

ここまで1kmしかないけど登るのに30分以上かかったぞ

このオバちゃん (*;´□`)ゞ シツレイ

自力で登ってきたのかよ ((;゚Д゚))

<h3>■<a id=”repo_part5_section5″></a>5.ショートカットしたくない</h3>

ちょっとしたホラー体験をしたあとは、

懐かしのつづら折り

朝、クネクネ登ったな

それを今は軽快に警戒して下っている

調子いいな (´c_` )

そうこうしているうちに光が差し込み、

脱出 ─=≡Σ((( つ╹ω╹)つ

そこへ意味のない給水所

今頃ですか 【゚Д゚】?!

背中に残ってるよ、水

あまり飲まなかったな

やっぱり神の川園地からここまで、直射日光をほとんど浴びない

袖平山の手前と、姫次と。。を除いて

基本的に山中にいるので、木々が遮ってくれる。

給水所で満タンにした水、結構背負ったまま走っちゃったよ

ここまでの記録

場所 距離 目標 実績
平丸 1.2km ※1 12″00 13″40
分岐右折 2.26km 37″00 38″09
ロード開始 2.9km 46″00 48″15
神の川キャンプ場 8.34km 1’19″00 1’17″15
立石建設 11.19km 1’40″00 1’34″59
鐘撞山 12.59km 2’21″00 2’12″39
県境尾根分岐 15.09km 3’10″00 2’54″20
神の川ヒュッテ 18.59km 4’00″00 3’31″14
日陰沢源頭 20.89km 5’05″00 4’21″14
神の川園地 29.42km 5’59″00 5’31″33
風巻の頭 31.80km 7’15″00 6’28″11
袖平山 34.53km 8’25″00 7’34″15
姫次 35.24km 8’40″00 7’42″40
平丸分岐 39.24km 9’20″00 8’26″19
平丸 42.89km 10’35″00 9’00″33

※1)実際は1.8kmぐらいだと思う

 

背中が軽かったらもっと速かったってことか?

なんと驚異の34分台

75分見積もりの半分

しかも第一関門までより速い

  区間 距離 高低差 1kmあたり 時間(予定) 時間(実績)
  県境尾根分岐~神の川ヒュッテ 3.5km -700M -200M 50分 37分
  平丸分岐~平丸 3.7km -810M -222M 75分 34分

すげえな

我ながら感動

アドレナリン出まっくてたな

なんとかハイってやつかな

ここまでくれば、あとはロード

行きは、スタートから平丸まで

  コンクリートで

  舗装された

  走りやすい

道だったはず

ところが、またしてもスタッフ~

  走路はこちらです

  ショートカットです

と言われて導かれたのが ( ゚ ω ゚ ) ! !

  未舗装で

  でこぼこした

  走りにくい

ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

ここまで来てトレイルか。。

さすがキタタン。。。

骨の髄まで。。。。

絶対ショートカットしないほうが速いよ

急がばなんとかって言うでしょ

そんなこんながあって、ふて腐れてたら、

涙がどっかいってしまったみたいで

感動の

ゴ━━━━(ノ´Д`)━━━━ル!!

とはいかず、

しかもゴール地点を間違えるという、

ちょっとした失態 ( ´◡` )

スタート時に確認したはずなのに

ゴールしたと思って立ち止まってきょろきょろしたら

  もう少し先、左だよ

って言われて、再スタート

後ろのランナーが気になって先に行く?ってけん制したけど、結局先にゴールテープを切った

それがこのブログのトップページにある写真

後ろのランナーが映ってなくてよかった

それが気になってたから先行ってもらおうかと思ったけどね

ここまでの記録

場所 距離 目標 実績
平丸 1.2km ※1 12″00 13″40
分岐右折 2.26km 37″00 38″09
ロード開始 2.9km 46″00 48″15
神の川キャンプ場 8.34km 1’19″00 1’17″15
立石建設 11.19km 1’40″00 1’34″59
鐘撞山 12.59km 2’21″00 2’12″39
県境尾根分岐 15.09km 3’10″00 2’54″20
神の川ヒュッテ 18.59km 4’00″00 3’31″14
日陰沢源頭 20.89km 5’05″00 4’21″14
神の川園地 29.42km 5’59″00 5’31″33
風巻の頭 31.80km 7’15″00 6’28″11
袖平山 34.53km 8’25″00 7’34″15
姫次 35.24km 8’40″00 7’42″40
平丸分岐 39.24km 9’20″00 8’26″19
平丸 42.89km 10’35″00 9’00″33
ゴール 44.24km 10’45″00 9’11″17

※1)実際は1.8kmぐらいだと思う

あわよくば10時間を切れたらなと思っていたので、9時間台前半は上出来

これで来年は白ゼッケンだ

そして9時間切りかな

 

Part6へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください