2番目じゃダメなんですよ

Pocket

一時期

流行ったな

 

もう10年以上

前になるか (⌒ー⌒ )。。oO

 

当時民進党代表

女性国会議員の

 2位じゃダメなんでしょうか

という発言 (-o-)

 

スーパーコンピュータの覇権争いで

処理速度世界一を目指している理由が

  最先端のスパコンがないと
  最先端の競争に勝てない

とか

  世界一をとることにより
  国民に夢を与える

など

定性的、情緒的だったことによるもの

 

たしかにね

気持ちはわからんでもない (*´Д`*)

 

それに対して

ある球界大物のご意見番

 

  1位

  優勝

  金メダル

の至上主義

2位も最下位も一緒 (*^Д^)σ

 

確かに首位打者やホームラン王

最多勝や最優秀防御率

 

タイトルを取れば名を残すが

2番目以下はあまり記憶に残らず

 

これも一理ある 

(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

 

翻って

自分はどうかというと

 

数字には

こだわるほう

 

むしろ

こだわりすぎ

という声もあるかも (((¬_¬;)

 

  順位

  タイム

  回数

  体重

  気温

  :
  :

 

数多くあるスポーツの中で

陸上競技にのめりこんでる理由の1つが

結果が数字で表れる

 

努力が必ず報われるわけではないが

なにをどうしたらどうなるか

というのが数字で出ると

 

やりがいがでたり

もっと上を目指そうとする

 

個人競技なので

良くも悪くも

自分次第 \(*`∧´)/

 

1500mに関しては

先月、過去2番目のタイムが出た

社会人デビュー後だけど

 

中学時代の記録には

及ばない 

 

ただ、

30代よりは速い ( ̄へ ̄)

 

ゴール後

ほっとしたし

満足はしたが

納得まではしてなかった

 

前半飛ばせたのはよかったが

後半の失速が気に入らない (*´Д`*)

 

この半月間

  出し切ったのでは?

  2番目なら十分だろ

必死に自分に言い聞かせていたが

もう今年最後と決めていたが

 

やっぱりもう一度

今年のうちに出る

そして超える ε=(。・`ω´・。)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください