多摩川フル分析

Pocket

やっぱりロードはいいね (●´∀`)ノ

夏場のフルマラソンだけど、走ってて楽しかった

舗装されてることのありがたみがわかったよ
 

よほど楽に走れたのか、足の影響がほとんどない

だるさはあっても、痛みはない

道志の時は、木曜くらいまで足首おかしかった

痛くはないけど、回すと違和感を感じる、というか

トレイルとロードでは、使う筋肉も痛くなるところも違うんだね

さて、この夏のフルマラソン

大会としては、今年の場合、6月2日に

  多摩川マラソングランプリ2019 EarlySummer

というのが開催されていて、タイミングが合えば出場するところだが、

今年は前週(6/9)の八重山トレイルの代替なので、

大会ではなく、ただのタイムトライアル(自主練習)

ただ、事前の準備は大会と同様きっちりやって、

コースやスタート時間もできるだけ合わせる ( ̄^ ̄)

コースは多摩川と京王相模原線が交差する調布側からスタートし、

上流に向かって10.55km

府中四谷橋と石田大橋の間ぐらい

GARMINで距離を測定できるので、10.55kmになったら折り返せばいい

それを2往復

給水所は6か所(知る限り)

大会ではないので、スポーツドリンクはないが、

公園の水でよければあまり困らない

残念ながら河川敷の走路区間にコンビニはないが、

自販機でよければないこともない (‘・c_・` ;)
  

スタートは9時と決めていた

もちろん自主練の一環なので、何時でもいいが、

そうするとずるずるいってしまうし、

遅ければ遅いほど暑くなるので、自分に不利になる

スポンサーリンク


4時間半が目標なので、

キロ6分平均よりちょっと遅いペース

どこまでキロ6分で行けるかだな

予定では、

  10km 55分

  20km 1時間55分

  30km 3時間

  40km 4時間15分

30km3時間で行ければ、

残り12kmを1時間半、キロ7分強

なので、かなり楽になる

  ラップタイム

 

途中給水の時は6分超えだったが、23キロまでは6分切れてた

河川敷特有の風はあまりなく、

逆にそよ風ぐらいが熱を冷やしてくれて、ちょうどよかった (⌒ー⌒ )

30kmで3時間切れたので、

それ以降はちょっと流し気味だった

改めて、舗装路を走れる喜びをかみしめながら

残り12km走ってたね ε=( ̄。 ̄;)フゥ;

道志はほとんど歩いてたからな

最初3kmぐらいは道路だったけど

それ以降は、ずーーーーーーっと山の中

舗装された道は1mmもなかった

通称🐛区間が終わった菰釣山をこえた30kmくらいから徐々に走れるようになったが、

第2関門を超えることができず、不完全燃焼で終わってしまった

あそこからようやくまともな舗装路があったというのに。。

リベンジの八重山は雨のため自重

そんなこんながあって

今回、積もりりに積もったうっ憤を

ようやく晴らした感じ

これでキタタンに弾みがついた ☆(゚∇゚ノノ”☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください