平塚運動公園へ

Pocket

といっても、走りに行ったわけではなく、娘と2人で遊びに。

メインはじゃぶじゃぶ池で、おまけに動物園と、遊具をまわった。

じゃぶじゃぶ池や遊具はもちろん、動物園も無料なので、意外な穴場かも。

動物園はただ見るだけでなく、直接ふれあえるし、エサもあげられる。

エサは有料(110円)だけど、家から持参してる人もいた。

ここ、平塚運動公園には1周1.73kmの周回コースがあり、
毎年9月に行われる「リレーマラソン」の会場。
日野市に住んでいた時から毎年のように来ていたので、かなり思い入れは強い。

スポンサーリンク

といっても、参加するのはメインの「チームの部」ではなく「個人の部」。個人にも6時間、12時間、24時間と3つあり、いままで「6時間個人の部」に出ていた。

「出ていた」と過去形なのは、去年は出なかった。というより出られなかった。偶然にも「神奈川スポーツ祭典」と重なってしまい、そっちを優先した。

それで平塚の6時間走は1週ずらして走った。

もちろん大会は開催されていないので、自己練習のようなもの。

メリット、デメリットいろいろあったが、総じてプラスなので、今年から大会参加はしない。

  メリット
    大会参加料が浮く(7500円)
    天候によって延期が可能
    走路が混雑していない

  デメリット
    給水、給食がない
    単独走のため刺激がない
    アドレナリンがわかない
    参加賞や完走証がもらえない

お金を払って出場すると、少々苦しくてもやめられないという気持ちになるかもしれないが、実際、高い参加費払っても2013年から3年連続2~4時間ぐらいでやめているので、一概には言えない。

やっぱり最近の参加費高騰に耐えられず、個人のタイムトライアルで代替がきくのであれば、それも一案。日頃走れないような、道路を閉鎖するような大会であれば、払う価値はあるけどね。

2016年の大会当日は大雨だった。
渋々6時間走ったが、スタート10分前までやめようか悩んでいた。
トラックや10km以下ならまだしも、6時間も走り続けるので、いい天候条件の日を選べるのは大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください