多摩川タイムトライアル42km前日

Pocket

通常の大会同様、準備万全

RUN、休息、食事、やることはやった ( ̄^ ̄)

単なる練習の一環としてのタイムトライアルではない

参加費は払わず、参加賞も完走証もない

集団で走るわけじゃないから、ペースもつかみにくい

アドレナリンも上がりにくいところだが、

まあ、そこは気持ち次第

完全に銭湯モード

☞戦闘ね

風呂入ってどうする  \( ̄∀ ̄*)

気温は少々高い予報だが、4時間半は切ってやる 

先月の道志ショック

その後の駅伝、そこそこのタイムでチームの急上昇に貢献したが、

やはり、そんなんでは留飲は下がらず (((¬_¬;)

トレイルの借りはトレイルで、と思っていた八重山も雨のため不参加

2019年前半戦最後の戦いということもあり、

逆に通常の大会よりも気合が入っている (# ゚ Д ゚ )

1週間くらいから自己暗示をかけ、奮い立たせるのは慣れたもの

そもそも多摩川の府中市沿いは、お世辞にも広いわけではないので、

大会で走ったら混雑して自分のペースどころでなくなる

どの大会もある程度参加人数が限られてはいるものの、

ある意味、独走のほうが気楽

それに昔はこの辺りの日野市に住んでいたということもあり、

ほかのどのコースよりも走りやすい

ちなみに去年は6月第一日曜に走り、4時間27分09秒

気温は9時で24℃、14時で28℃

日照時間は、ずっと1.0という条件

今年も予報によると同じぐらい

先週だったら20℃ぐらいで、いいタイムを出しても納得しないところだったけど、

同じ条件なら都合がいい (# ̄ー ̄#)

キタタンの前哨戦という意味合いもあるが、

これはこれで、きっちり結果を出していきたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください