神奈川マラソン結果分析

Pocket

ラップタイム

ここは3回目

過去2回はハーフに出て、10kmは初めて

ハーフは2回ともいい記録が出たので、10kmでもその好記録にあやかりたいなと

海沿いなので運が悪いと強風にあおられるが、河川敷みたいに一方向に長く走るわけじゃない

その分折り返しが2回と、直角コーナーが10回と、スピードが落ちる要素がないこともない

ただ概して道が広い

JRや首都高と平行に走るところは10人ぐらい並べる

スタートもそれだけ広いから、スタート直後にペースが合わなくても、容易に抜けてすぐマイペースで走れる

2kmの最初の折り返しでは8分5秒

まずまずの入り

ただ折り返しでどうしても速度落ちるな

0にはならないまでも相当減速する

そこからまたトップスピードまで上げるのが苦痛だよな

スタートラインまで戻ってくると4km

そこでのタイムは16分32秒

4分8秒平均なので、単純計算で言うと42分は切れる

スタート直後のダッシュがあるのでなかなかそうはいかないが

5kmの通過タイムは20分53秒

中間疾走でやや減速

広い道が真っ直ぐ続いて、前後左右にあまり人がいないと“抜けた”感じになって走りに集中できないというのはある

ぜいたくな悩みだが、ある程度密集していたほうが、自分のペースに会う人がいたりして逆に走りやすい

前半で21分ちょっと切ったぐらいでは42分は厳しい

一段ギアを上げないと、と思ってた

5.5kmぐらいから「首都高の下」が終わり、海側へ

道が多少狭くなり、コーナーも多くなるから気が紛れる

スポンサーリンク

7kmの2度目の折り返しでは29分21秒

4分10秒ペース+11秒

42分が切れるかどうかは微妙だな

もう一段上げたいところだが上がるか

8kmの給水は当然スルー

再び「首都高の下」に戻ってきてあと1.5km

35分46秒

42分まで6分14秒

きわどいな

最後は懸命に腕を振り、足を回転させ、41分57秒でゴール

距離を確認すると10.00km

GARMINにも恐れ入るが、そういうコースを設定した大会側にも敬服

よくこんなにぴったりな距離になるもんだ

きっと誰かが実際に試走して調整したんだろうな

おかげで公式な大会で、自分でも納得の41分台が出た

ヨコスカシーサイドの41分50秒を疑うわけではないが、実質自己記録と言ってもいいかな

それぐらい内容も結果も満足

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください