初の階段昇降22階

帰宅時に再開した階段昇降

勤務地のビルが22階建てなので、1階から22階までを1往復することに

金曜は都合により10階までの1往復にしたので、今日が初の完全登頂

6階ぐらいまではテンポよく軽快に一段飛ばしで走れたが、

それ以降は軽快さがなくなり、それでもなんとか最上階まで一段飛ばし

高々5分程度のことなので、どれだけ効果があるかは未知数だが、

何もしないよりはいいかと思ってやるしかない

何事も継続することが大事

【大会参加】多摩川10キロ

大会参加しました。

大会名  
場所 多摩川(二子橋付近)
スタート時間 10:10
距離 10km
タイム(グロス) 47分59秒
タイム(ネット) 48分00秒
順位(男子総合) 5位(人中)
気温 ℃()
体重変化 58.3kg(5:50)→57.1kg(13:00)

 

まあまあかな 🙄

可もなく不可もなく。

目標の50分を切れたのはよかった。

けど、走り終わった直後の感想は「悔しい」。

一応(男子総合)3位を目指してスタートしたので、「悔しい」理由はそこだろうな。

おこがましいと言えなくもないが、真夏の大会で自己記録が出るわけもなく、モチベーションとしてはやはり順位か。

先月の結果を見ていたら、3位のタイムが46分台だったから、同じようなレベルであればいけるかと思ったけどね。

暑さ対策をしていたつもりだったが、そもそもの実力不足か。

 

 

 

 

 

 

多摩市記録会支払完了

9/22(土)に行われる多摩市記録会の支払いが完了した。
申し込みはメールですでに行っていたので、あとは料金の支払いだけだった。

民間の大会は、ほぼすべてインターネットでの申し込み・支払いが可能だが、こういう市町村主催の市民大会や記録会はいまだに郵便局などで支払う。

ただ、今度の仕事場はビル内に郵便局があるので便利。
川崎の時は昼休みに最寄り郵便局を往復するのは、バスを使わない限り不可能で、行くなら帰りに途中下車するか、平日休みのときで不便だった。

さて、なぜ多摩市?と思われるかもしれない。

実は以前、隣の日野市に住んでいて、一度参加したことがある。
日野市の「日野市民体育大会」は市内在住、在勤、在学のみだが、
この「多摩市記録会」は市外開放しているので、どこからでも参加可能。

また府中市は、市民限定と市外開放の両方がある。
今年久しぶりに市外開放の「府中市記録会」に出ようと申し込みをしたが、キタタン前週で、峠の練習をしたかったので不参加。

ちなみに我が藤沢市は、市民限定の体育大会のみで、今年は中止
7/28と29に予定されていたが、台風接近のため、前日に中止が決定。

ことしはトラックに縁がないか?

例年出場している「東京スポーツ祭典」は、今年はなぜか陸連登録が必須になった。
陸連に登録するほどの活動はしていないので、今年は不参加に。

「神奈川スポーツ祭典」は例年通り一般参加OKだが、
これまたなぜか「全国スポーツ祭典」と兼ねている。

一応だれでも参加可能らしいが、各都道府県大会を勝ち抜いた猛者と一緒に走るのか?
それとも神奈川だけ別?なわけないよな。

明日は朝から多摩川で10km大会のため早めに帰宅&就寝。

新天地初練習

仕事場が川崎のはずれから横浜みなとみらい地区に変更になった。
転職というわけではなく、移籍のようなもの。母体は今まで通り。

例えるなら、野球という職業は変わらないけど、所属チームが
オリオンズからホエールズに代わるようなもの(ちょっと古いか)

さて、ランナーとして気になるところは、川崎でやっていた

  朝晩の1.7km25分のウォーキング
  1階から7階まで3往復の階段昇降

をどう継続しようか、といったところ。

初日なので同じ会社の後輩に連れられていくと、
作業場は22階建てビルの16階。上り甲斐があるな。

ビルはみなとみらい駅直結なので雨の日は降られずに行けて楽。
にも関わらず横浜駅から歩くことにした。
1.6kmなので、今までとほぼ同じ距離を維持できる。
100Mほど短くなったけど、そこまであえて遠回りしようとは思わない。

帰宅時の階段昇降は、とりあえず1階から16階までを1往復してみることに。上りは3分半ぐらいかかり、下りで段数を数えてみると350段ぐらい。川崎の時(166段×3)より少ないので、明日は22階まで1往復にする予定

川崎最終日のはずが

仕事場が川崎のはずれから横浜みなとみらい地区に変更になった。
転職というわけではなく、移籍のようなもの。母体は今まで通り。

例えるなら、野球という職業は変わらないけど、所属チームがオリオンズからホエールズに代わるようなもの(ちょっと古いか)

でも川崎球場はいまだに存在しているし、川崎駅から仕事場までの間にある。

かつての横浜大洋ホエールズも、その川崎球場を本拠地にするしないという話もあったので、あながち不思議な縁と言えなくもない。

異動の話も1週間ぐらい前の急な話だったが、1日延期も昨日決まった。

練習メニューはいつも通り、5.4kmのウォーキングと階段昇降3往復

平日調整練習

土日とも走れなかったので、帰宅後に夜間練習。

フル装備で6K 

前回より1分遅く36分かかった

ただ、後半はほぼ同じなので多少は踏ん張れたか

平塚運動公園へ

といっても、走りに行ったわけではなく、娘と2人で遊びに。

メインはじゃぶじゃぶ池で、おまけに動物園と、遊具をまわった。

じゃぶじゃぶ池や遊具はもちろん、動物園も無料なので、意外な穴場かも。

動物園はただ見るだけでなく、直接ふれあえるし、エサもあげられる。

エサは有料(110円)だけど、家から持参してる人もいた。

ここ、平塚運動公園には1周1.73kmの周回コースがあり、
毎年9月に行われる「リレーマラソン」の会場。
日野市に住んでいた時から毎年のように来ていたので、かなり思い入れは強い。

“平塚運動公園へ” の続きを読む

【大会中止】藤沢市民陸上競技大会

台風接近のため。
7月に台風とはね。。

申し込んだ以上、もちろん行きたかったが、キタタン後遺症なのか、
いまだに左ひざの調子が思わしくなく、いい休養だと思っておこう。

天気には逆らえないので、どうしようもない。

代わりというわけではなかったが、来週に10kmレースを入れておいてよかった。

ただ、結果として予報より天気は荒れなく、隙を見て練習に行けなくもなかった。

ところでこの「藤沢市選手権」、ここ数年、会場が市外で困っている。

  2015年 小田原(城山)
  2016年 平塚 (総合公園)
  2017年 横須賀(不入斗)
  2018年 横須賀(不入斗)

 

市内には善行に立派な競技場があるが、東京五輪を見据えてか、使用中止に。以前はあった「湘南陸上競技大会」というのも数年前からなくなった。

平塚ならまだ近いが、それでも駅からバス(中学生の陸上部員は歩くらしいが)。

横須賀に至っては京急横須賀かJR衣笠からバス(ここも陸上部員は歩くらしい)。

ただ、不入斗の競技場は観客席とトラックの敷居が低くて移動が楽。
競技場によってはやたらに大回りをしなければいけないところもあり、慣れていないと余計な緊張が増す。

善行なら至便だが、五輪が理由だとすると、使用再開は早くて2021年か。

ということはあと2年は不入斗。。

いつからか隙間練習定着

「道路を走る」のは基本週末だけだが、ちょっとしたことを平日取り入れるようになった。

平日と言っても5日間あり、この日やってこの日やらないとするといつのまにか毎日やらなくなりそうだったので、

  基本毎日やる、例外あり

にした。

練習と言っても、月間数百キロ走っているランナーにとっては、へそで茶がわく程度の内容ですが、何もしないよりはいいかなと。

元々、キタタン向けに始めたことだったが、別にキタタンは今年だけじゃない。

キタタンだけを目標にしているわけではないが、来年のキタタンへの戦いはすでに始まっている。

5.4kmのウォーキングと階段昇降3往復

  朝
    自宅~自宅最寄駅 0.9km
    会社最寄駅~会社 1.8km
  夕
    階段昇降   7フロア(166段)×3往復
  夜
    会社~会社最寄駅 1.8km
    自宅最寄駅~自宅 0.9km

 

朝のウォーキングは、暑さ対策も兼ねて。
平日日中は陽の光を浴びていないので、朝ぐらいは大めに。

実は会社までは、別の駅からほぼ直通のバスがあって、
それに乗れば歩くどころか雨に降られる必要もない。

以前は、当然のようにそのバスに乗って楽をしていたが、
やはりキタタンを意識し始めてから1停留所前から歩きだし、
徐々に降りる停留所を早めていって、いつの間にか1.8km歩くように。

階段昇降は、完全にキタタンの上り下り対策。
どれほど効果があったかはわからないが、
日ごろの練習がアップダウンが多少あるとはいえロードなので、
多少違う筋肉に刺激を与えようかなと。

1階から7階まで一段飛ばしで駆け上がると、結構息があがる。
1分15秒から30秒ぐらいかかるので、トラック400Mを1周する程度でしょうか。
これを読んで失笑してる人がいると思いますが、意外ときついですよ。

第20回北丹沢12時間山岳耐久レース(以下、キタタン)参戦記 ~大会レポPart6~

第20回北丹沢12時間山岳耐久レース(以下、キタタン) 参戦記 ~レポPart6~ ★レース後と持ち物評価

1.風呂に入れる

ゴールしたのは16時15分ごろ。

戦前の予想では17時半~18時だったので、 あまりにも遅ければ風呂に入らずにそのままバスに乗っちゃおうかと思っていた。

ちょっと用事があってね。。

ただ、思ったより速かったので、風呂に入っても17時のバスには間に合うな。

まずは、

  テニスコートに行って荷物を受け取って、

  給食のうどんをもらい、

  足湯で足を洗う

完走証はない。

ほしければ自分でRUNNETで作成してダウンロードする。

写真が貼れるからいいと言えばいいが。。

風呂はタダ

参加賞の1つに入浴券がある

それもあって入らなきゃ損かなと

足湯で足を洗うのはマナーですね

ビーサンを持ってきたのは正解だった

2.持ち物評価

概してOK

忘れ物はあったが、何ともならないわけでもなかった。

余分もあったが、結果がまあまあだったからよしとしよう。

来年は多少減らせるかも。

※実際に走っている間背負っていたリュックの中身

<食糧>

おにぎり2個 × 食べず

バナナ2本 × 食べず

羊かん1.5本(0.5本×3) ○ 0.5本食べた

⇒おにぎりは1個でいいかな。
 朝食でトリプルスリーを完食していればそれほど空腹にならない。
 神の川園地でクリームパンもらえるし。
 バナナも神の川ヒュッテに丸ごと(切ってない状態で)あるので、スタート時には不要
 羊かんも1本でいいか

<飲み物>

ポカリ250ml×2 ○ 1本飲んだ

炭酸水500ml×1 ○ 飲まず

空のペットボトル500ml×2 ◎ 神の川園地で給水し、1本飲んだ

空のペットボトル280ml×1 ◎ 神の川園地で給水し、飲んだ

空のペットボトル210ml×1 × 神の川園地で給水したが、飲まず

空のペットボトル200ml×1 × 神の川園地で給水したが、飲まず

⇒一番重量に影響するのがこれ
 2.7リットル満タンにして神の川園地を後にしたが、結局飲んだのは1リットルのみ(250+500+280)
 今後は気温しだいだが、神の川園地から4時間弱で1リットルにする勇気はないな

<補助食>

塩レモンあめ ○ 少々食べた

塩レモンゼリー ○ 1個食べた

かき氷グミ ○ 少々食べた

氷砂糖 ○ 少々食べた

⇒それほどの重さでなく、負荷にならないが、量は減らしてもいいかも

<その他>

かゆみ止め △ 使用せず

トイレットペーパー △ 使用せず

替えのTシャツ △ 使用せず

ひんやりシート ○ 1枚使った

手袋 △ 使用せず

ごみ袋 △ 使用せず

ばんそうこう △ 使用せず

⇒使わなくても必要なものなので、引き続き持って走る

 

※走っている間は不要で、手荷物として預けたリュックの中身

ビーチサンダル ◎ 必須

おにぎり1個 × 食べず

水500ml × 飲まず

茶500ml ◎ 行きの道中で飲みきり、空のペットボトルを背負った

タオル2枚 ◎ バスタオル代わりにした ⇒背負うわけではないので、別にあっても  

 

バスタオル

替えのパンツ

替えの靴下

3.意地でも座る

“第20回北丹沢12時間山岳耐久レース(以下、キタタン)参戦記 ~大会レポPart6~” の続きを読む