献血

Pocket

1年ぶりかな
今回はヘモグロビンが14ぐらいあって余裕だった
今まで春夏秋と幾度となく門前払いだったけど、やっぱり冬はいけるな
ランナーは汗で鉄分が流れてしまうようで、夏はどうしてもヘモグロビン不足で献血できない

過去3回いずれも12月や1月で、夏はほぼ全敗
そのせいか、毎回カレンダーをもらっている気がする
ま、それが目的という話もあるが
一応名目上、純粋に血を提供しようかと
うちは子供3人とも帝王切開で、大量に輸血してもらったと思うので
少しでも恩返しできればということで5年ぐらい前から始めてる
とはいっても最初は、いろいろもらえる、というのがきっかけだったな

モールや駅前、免許試験場などに来る献血バスの場合、

  スポーツドリンク500mlを1本
  ただしその場で飲んでくださいと言われる
  単純に400mlの血を抜くので、その分補えと
  もちろん途中まで飲んであとは持って帰れる
  冬場の場合そんなに一気に飲めんし

  あとは、今回の場合

    ふりかけセット(5g×10本ぐらい)
    コーヒーセット(ドリップ式3杯分とか)
    歯磨き粉

  から1点

  年末年始だと卓上カレンダーが追加

ビルの何階とかにある献血会場の場合、

  飲み物がペットボトルでなく、自動販売機で飲み放題(紙コップ)

  あとは新聞雑誌が読み放題
  
とまあ、見返りを求めてはいけない活動といえる

与える側は、

  人工的に作ることができないのでご協力を、
  と訴えている割には大したものがもらえない

もらう側は

  とはいえ、普通の食事や生活をしていれば
  また血は作られるので提供してくれてもいいじゃないか

という目には見えない論争が起きているようだ。

最近は芸能人やアイドルグループもアピールしたりと徐々に草の根活動が盛んになっているようだけど、やっぱり根本的に普及活動方法に問題があるんだろうな

宣伝効果がいまいちというか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください