キタタンデビューから2年

Pocket

あれから2年

 

久しぶりに

ゴール直前に泣いたっけ (*´Д`*)

 

自分では無意識だが

今までの300以上のゴールの瞬間

おそらく笑っているのが1割

あとの9割はしかめっ面

泣いてるのは数えるほど (-o-)

 

納得の走りができて

レースの内容も完璧

ということは、めったにない

 

ゴールのある程度前から

感極まって泣くということは

長時間のレースでつらかったから

 

ということは

距離にして40km以上

フルかウルトラか6時間走

 

印象にあるのは

  5回目の挑戦での初サブ4

  富士五湖72km9時間切り

  2011年の6時間走54km

かな

 

そこにトレイルが加わったのが

2年前、2018年7月8日の

第20回北丹沢12時間山岳耐久レース

 

このブログのトップページの

写真がそう

その時のゴールの瞬間 (。・ω・。)ノ

 

ゴールの手前数百メートルの

最後の最後の未舗装路が終わり

ようやくゴールが見えてきた

 

それまでの鐘撞や姫次など

苦しんた登山箇所が

走馬灯のように駆け巡り

大変だったなと思うとうるっときて

感度のゴール \(*`∧´)/

 

と思って両手を上げようとしたら

本当のゴールはもっと先だった( ̄□ ̄;)

 

とギャラリーに言われる

失態のせいで

実際のゴールの時には

もう涙は枯れていた ヾ(0д0∥)ノ

 

今となっては懐かしい思い出だが

あれ以来、キタタンには

行ってない

 

去年

大雨直後による自粛 ( ̄へ ̄)

 

来年はどうなるかね

一応例年通りの40kmコースが

令和3年7月4日に

開催される予定だが

林道や登山道の復旧作業次第

 

コロナ以前に

去年の台風19号の影響が (´・д・`)

 

とは言っても

復旧作業に関しては

他人事だよな

 

誰かがやってくれる

ではいけないんだけどね (((¬_¬;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください